So-net無料ブログ作成

平成24年度の年金額は0.3%の引き下げ [社労士]

平成24年度の年金額は、平成23年平均の全国消費者物価指数の対前年比変動率がマイナス0.3%となったことに応じて、0.3%の引下げとなります。

これにより国民年金の老齢基礎年金(満額)は、平成23年度の月額65,741円から200円マイナスの65,541円、夫婦2人分の老齢基礎年金を含む老齢厚生年金(夫が平均的収入の平均標準報酬36.0万円で40年間就業し、妻がその期間全て専業主婦であった場合)は、平成23年度の月額231,648円から708円マイナスの230,940円となります。

年金の受取額が変わるのは、4月分が支払われる6月の支払いからです。

なお、現在支給されている年金は、平成12年度から14年度に物価下落にもかかわらず年金額を据え置いたことなどにより、本来の年金額より2.5%高い水準(特例水準)で支払われていますので、これを解消するための法案を今年の国会に提出することになっています。

法案が成立すれば、平成24年度の年金額は、10月分が支払われる12月の支払いから更に0.9%引き下がることになります。

前回のブログに続き、今日のブログも事務的でカタイものとなってしまいました。

私の事務所のホームページです。こちらもご覧ください。

社会保険労務士・ファイナンシャルプランナー・DCプランナー 安部事務所(クリックしてください)

平成24年度の雇用保険料率 [社労士]

しばらく、どうでもいい話ばかりブログに書いてきましたが、今日は真面目に社労士ブログです。

1月25日に平成24年度の雇用保険料率が告示されましたが、料率は平成23年度の雇用保険料率から0.2%引下げ、一般の事業で1.35%、農林水産清酒製造の事業で1.55%、建設の事業で1.65%となります。

一般の事業で1.35%の内訳は、労働者負担0.5%、事業主負担が0.5%に雇用保険二事業の保険料率0.35%をプラスして0.85%です。

農林水産清酒製造の事業で1.55%の内訳は、労働者負担0.6%、事業主負担が0.6%に雇用保険二事業の保険料率0.35%をプラスして0.95%です。

建設の事業で1.65%の内訳は、労働者負担0.6%、事業主負担が0.6%に雇用保険二事業の保険料率0.45%をプラスして1.05%です。

雇用保険二事業とは、雇用安定事業と能力開発事業の2つで、事業としては各種の助成金があります。

私の事務所のホームページです。こちらもご覧ください。

社会保険労務士・ファイナンシャルプランナー・DCプランナー 安部事務所(クリックしてください)

今さらな初詣 [その他]

毎年、年明けには近所の神社の他に神田明神に初詣に行くのですが、今年はやっと今日になって行ってきました。

今さら初詣かよって感じですが、まだ1月ですし私の他にもお参りにこられている方も多かったですよ(初詣としてのお参りかどうかは分かりませんが)。

神田明神には、徳川家康が関が原の戦いに挑んだ際に戦勝祈祷をしたという由来のある勝守というお守りがあって、私はいつもお財布の中に入れているんですが、去年のお守りをお返しして新しいものをいただいてきました。

お参りし、お守りを買って、おみくじを引きましたら大吉でした、今年はよい年になりそうですよ。

おみくじを結んで帰ろうかと思いましたが、久々に引いた大吉ですのでもったいないので、勝守といっしょにお財布にしまい持って帰ってきました。

結ばずに持って帰ってよいのかどうか、よく分かりませんが、来年の初詣のときに返せばいいでしょう。

近所の小さい神社でお参りだけをするよりも、大きな神社で一緒におみくじを引いたり、お守りを買って、お参りをする方が、私のような信心が足りない人間には参拝をしたという気持ちが強くなりますので、もう12分の1が過ぎていますがあらためて今年がよい年になりますようにと思うのでした。

私の事務所のホームページです。こちらもご覧ください。

社会保険労務士・ファイナンシャルプランナー・DCプランナー 安部事務所(クリックしてください)

雪だあ [その他]

昨日の夜は20時過ぎに降っていた雨が大粒の雪に変わり、あっという間に雪が積もりあたり一面真っ白な世界になってしまいました。

都心では4センチの積雪だったそうですが、家は東京は東京でも郊外にありますので7、8センチは積もっていましたね。

4センチであろうと7、8センチであろうと、雪の多い地方にお住まいの方から見れば、その程度の雪で大げさなとお思いでしょうが、年に何度かしか雪が降らないこちらではなんの備えもしていませんので雪が降って積もっただけで、交通機関が止まったり、滑って転んで病院に運ばれたりと大騒ぎになってしまいます。

犬がいたころには犬が雪の散歩を喜びますので、多少は雪が降って嬉しいという気持ちがありましたが、犬のいない今は雪が降っても迷惑なだけでこれっぽちも嬉しくありません。

雪は日付が変わるころには小降りになり、朝にはすっかり止んでいましたが、雪が降って最もうんざりするのがこの後の雪かきです。

家が商店街にありますので家の前の道路の雪かきをするのですが(やらなければならない義務もないのでしょうが、家の前の道路にだけ雪が残っているのは気が引けてしまいます)、今回のような夜に降る雪は朝までに車に踏み固められたり凍ってしまったりと厄介で、おかげで腰は痛くなるし手はプルプルしてしまうはと散々な目に遭いました。

この冬はこの後何度雪が降るのでしょう、自然現象ですのでなんともなりませんが、それでもなんとかもう降らないようにして欲しいものです。

私の事務所のホームページです。こちらもご覧ください。

社会保険労務士・ファイナンシャルプランナー・DCプランナー 安部事務所(クリックしてください)

連覇しても横綱になれないそうです [その他]

大相撲初場所は大関・把瑠都が初優勝しましたが、把瑠都が次の春場所で連続優勝したとしても横綱に推挙されないかも、というニュースがありました。

ニュースはこちらです。

初Vの把瑠都 連覇でも昇進ダメ?…稀勢戦に“注文” (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

記事の引用はしませんが、変化をして勝った稀勢の里戦に苦言を呈した横綱審議委員会が把瑠都が2場所連続優勝しても横綱に推挙しない可能性を示唆したそうで、「変化するような大関が横綱になる資格はない」という委員長の発言も書かれています。

同じスポニチの別の記事では横審委員の「綱獲りなんてとんでもないと思います。2場所連続優勝?私は推薦しないんじゃないですかね。候補者にはなるでしょうが」という発言も書かれていますので、委員長一人の考えではないようです。

問題となった稀勢の里戦の動画を見ましたが、確かに変化をして勝った把瑠都は褒められないでしょうが、呼吸をまったく合わせようとしない稀勢の里の立ち合いも褒められたものではなく、あの立ち合いがあったからの変化だったのではとも思われます。

何よりも、次にも変化をしたら横綱に推挙しないではなく、過去の14勝の内の1勝が変化だったからもう一度優勝しても横綱になる資格はないでは、これから頑張ろうという把瑠都が可哀相でしょう。

これってどうなんでしょう、はたして日本人大関が同じ状況になっても横綱審議委員会は同じ事を言うのでしょうか。

「外国人横綱なんてとんでもない、せっかく日本人大関が2人いるんだから次の横綱はこの2人からだ」という空気があるのでは、と勘ぐってしまいます。

別に把瑠都のファンではないのですが、こういうことをこの期に及んでも言っている相撲界ってやっぱり理解できません。

それはそうと、把瑠都の奥さんの着物姿はきれいでしたねえ。

着慣れているのでしょうが、あれだけきれいに着物を着られる日本人もそうそういないでしょう。

把瑠都のファンではありませんが、把瑠都の奥さんのファンになってしまいそうです。

私の事務所のホームページです。こちらもご覧ください。

社会保険労務士・ファイナンシャルプランナー・DCプランナー 安部事務所(クリックしてください)

熱帯魚水槽のメンテナンス [生き物]

しばらく熱帯魚水槽の水換えとメンテナンスをサボっていたら、あちこちにコケが付いてしまったり水草が伸びきってしまったりとひどい状態になってしまいましたので、午前中いっぱいをかけて水槽の大掃除をしました。

水槽を覆いつくした水草をいったん取り除き、ガラスの内側に付いたコケをガシガシとそぎ落としましたが、放置していた時間が長いため強力に張り付いていましたので、全部をきれいに落とすことは出来ませんでした。

流木についたコケは、流木を熱湯の中に入れることで殲滅を図ったのですが、熱湯の温度が低かったのか(じゃあ、熱湯じゃないじゃん)、入れた時間が短かったのか、全滅させることができませんでした、コケ恐るべきしぶとさです。

コケに関しては暖かくなってヒーターをはずすときの大大掃除のときに完全に取りきることとし、近くでよく見るのならともかく、少し離れてみる分には問題ないだろうと気にしないことにしました。

底砂利の中の汚れを吸出し、を取り除いた水草の伸びた部分を切って短くして水槽内に差し戻して今日の掃除は終わりましたが、フィルターの汚れもきれいにしなければ大掃除が終わりません。

フィルターの掃除も今日にできれば良かったのですが、交換するウールマットがなかったので出来ませんでした。

ウールマットは近所のホームセンターでは手頃なものがないので、熱帯魚屋さんまで行かなければなりませんが、来週末にはフィルターの掃除が出来るよう早めに行って買ってきます。

せっかく掃除をしたので、きれいになりリフレッシュした水槽の写真をアップしようと思いましたが、きれいになったとはいえまだまだ不満がありますので、もっと水槽をきれいにしたときに写真を撮ろうと思います。

とかいって、熱帯魚屋さんにウールマットを買いに行ったらついでに新しい熱帯魚を衝動買いしてしまい、それをブログでご報告なんてことがあるかもしれませんよ。

私の事務所のホームページです。こちらもご覧ください。

社会保険労務士・ファイナンシャルプランナー・DCプランナー 安部事務所(クリックしてください)

今年の大河ドラマ [その他]

今週、先週(それとも先週、先々週でしょうか)と今年の大河ドラマ「平清盛」を見ましたが、中々面白いです。

兵庫県の知事さんが「画面が汚い」なんて批判したようですが、道路が舗装されているわけでない当時は埃っぽくて当然で、むしろリアリティがあっていいんじゃないでしょうか。

まあ、今日買った週刊文春を読むと、この知事さんはかなり口の軽い方のようで、過去にも度々問題発言があるそうですので、一々真に受けるよりも番組の良い宣伝になったと思うに留めるぐらいの方がよいのでしょう。

歴史ものというと時代考証と演出の兼ね合いが難しく、時代考証を軽視して演出を強めると、どんなにドラマとしては面白いものであっても歴史ドラマではなくなってしまいますし、演出を控えめにして時代考証に忠実であろうとすると娯楽性の薄いつまらないドラマになってしまいます。

去年の大河ドラマは、あまりに史実を軽んじた独りよがりなものであったので途中で見るのを止めてしまいましたので(単なるドラマとしての出来も自分にはおよそ合いませんでした)、今年は1年を通じて見ることができるよう演出はあっても歴史ドラマでありつづけて欲しいものです。

まあ、自分自身も戦国や幕末ほどの歴史の知識がこの時代にはありませんので、大丈夫でしょう。

とか言っておいて、清盛の持つエクスカリバーのような大剣を見るたびに、「なんなんだよ、これは」と思っています。

私の事務所のホームページです。こちらもご覧ください。

社会保険労務士・ファイナンシャルプランナー・DCプランナー 安部事務所(クリックしてください)

市民相談 [社労士]

1ヶ月に一度市役所で開かれる市民相談に行ってきました(相談をする方ではなく、相談を受ける方としてですよ)。

受けた相談件数は2件で、もちろん相談内容について書くわけにはいきませんが、ショックを受けた出来事がひとつ。

管轄の労働基準監督署の住所・電話番号をお知らせしようと社会保険労務士手帳の資料の住所一覧を見たら、字が小さくて目がかすんで読めず、今日の相談パートナーの社労士さんに代わりに書いてもらうはめになりました。

しばらく前から目がまずいことになっているよ、と感じていましたが年明け早々これですからねえ、今年はついに観念して眼鏡を作らなければならないでしょうか。

まったく、歳はとりたくないものですよ。

市民相談は交代での当番制となっていますので、何事もなければ今年度の私の出番は終わりですが、問題は来年度です。

引っ越されたりなどで相談員を降りることになった方が多いのに対して、新しく相談員になっていただく方が少なく、このままではこれまでよりも重い負担をお願いしなければならなくなりそうです。

誰か、市民相談をやってくれる人がいないかなあ、と最近はいつも探し続けています。

私の事務所のホームページです。こちらもご覧ください。

社会保険労務士・ファイナンシャルプランナー・DCプランナー 安部事務所(クリックしてください)

左利きには天才が多いのか [左利き]

ヤフーニュースに左利きに関する記事がありましたので、今日は左利きブログですよ。

ニュースはこちらです。

左利きには天才が多いって本当? (web R25) - Yahoo!ニュース

今日は記事の引用をしませんが要約すると、巷でよくいわれる「左利きには天才が多い」という説に対して、天才というのとはちょっと異なるが、世の中にある道具の大半は右利きの人向けに作られているから、左利きの人は“どう対応すべきか”という思考や検証が発生するので、幼い頃から自然に脳がトレーニングされて後天的に才能を鍛えられる要素はあるのでは、というものです。

天才が天賦の才であるならば、もって生まれた才能でしょうから、後天的に鍛えられて才能を発揮したとしてもそれは秀才であって、記事に書かれているとおり天才ではないでしょうね。

左利きに天才が多いとしても、一方で1ヶ月ほど前に書いたブログで紹介した左利きのニュースは、左利きはADHDや統合失調症のリスクが高いというものでしたから、左利きはなんとも極端な存在だということでしょうか。

まあ、昔から天才となんとかは紙一重なんて言われているしなあ、なんて凡才の左利きの私は思うのでした。

私の事務所のホームページです。こちらもご覧ください。

社会保険労務士・ファイナンシャルプランナー・DCプランナー 安部事務所(クリックしてください)

資格更新通信教育講座 [FP]

今日、DCプランナーの資格更新通信教育講座の教材が届きました。

DCプランナーは、ファイナンシャルプランナーと同じく資格の有効期間が2年間で、更新をするためには資格更新通信教育講座を受講・修了しなければなりません(FPの場合は2年間に必要数の継続教育単位を取らねばならず、単位は研修を受講することなどによって取得します)。

去年に案内が来て申し込んでいたのですが、今日届くまですっかり忘れていました。

講座自体は別に特別難しいというものではないので、どうということもないのですが、2年毎ですので「またですか」と面倒に思う気持ちもなくはありません。

受ける身となればそうであっても、第三者として見ればこういう制度があった方が良いだろうとも思うんですけどね。

提出期限は2月15日ですからまだ1ヶ月ありますが、期限ぎりぎりに他にやらなければならないことがある中での受講・修了なんてことになると余計に面倒な思いをすることになりますので、さっさとしてしまおうと思います。

私の事務所のホームページです。こちらもご覧ください。

社会保険労務士・ファイナンシャルプランナー・DCプランナー 安部事務所(クリックしてください)

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。