So-net無料ブログ作成

雇用保険の基本手当日額が変更されます [社労士]

雇用保険の基本手当日額が、8月1日より変更されます。

基本手当は、労働者が離職した場合に再就職活動できるよう支給するいわゆる「失業手当」で、離職前の賃金をもとに算出されます。

今回の変更は、平成24年度の平均給与額(「毎月勤労統計調査」による毎月決まって支給する給与の平均額)が平成23年度と比べて約0.5%低下したことによります。

具体的な変更内容は、

(1)基本手当日額の最低額の引下げ

1,856円 → 1,848円 (-8円)

(2)基本手当日額の最高額の引下げ

基本手当日額の最高額は、年齢ごとに以下のようになります。

● 60歳以上65歳未満

6,759円 → 6,723円 (-36円)

● 45歳以上60歳未満

7,870円 → 7,830円 (-40円)

● 30歳以上45歳未満
  
7,155円 → 7,115円 (-40円)

● 30歳未満

6,440円 → 6,405円 (-35円)

その他の変更の詳細、また高年齢雇用継続給付、育児休業給付、介護休業給付の支給限度額などの変更については、リーフレットでご覧ください。

(リーフレット)雇用保険の基本手当(失業給付)を受給される皆さまへ

(リーフレット)高年齢雇用継続給付・育児休業給付・介護休業給付の受給者の皆さまへ

今日は、真面目な社労士ブログなのでした。

私の事務所のホームページです。こちらもご覧ください。

社会保険労務士・ファイナンシャルプランナー・DCプランナー 安部事務所(クリックしてください)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。